読影医求人ランキング

読影医の転職をより有利に進めるには

レントゲン写真などの医用画像から体の異変を見抜く専門医のことを読影医(または放射線診断医)と呼びます。特殊な技術を要する分野ですのでニーズも高いです。

読影医への転職をお考えなら、まずは転職サイトへのご登録がおすすめです。有名なところではリクルートドクターズキャリアが評判も高く、転職成功実績も豊富です。専門的な悩みや相談にも、キャリアコンサルタントが親身にサポートしてくれるのも、一人の転職活動にはない強みです。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
リクルートドクターズキャリアでは、様々な種類の読影医求人を探すことが可能です。読影医の働き方は、常勤から非常勤まで多岐に渡ります。専門的に読影の技術を深めたい人、空いた時間を利用して収入をアップしたい人、転職を本格的に行う前に読影医のアルバイトを行いたい人、多くの人がいるでしょう。そうした人たちが、豊富な選択肢を元に、自分に合った求人を探すことが出来ることがリクルートドクターズキャリアの良いところです。登録に当たっては無料から始めることが出来ます。自分らしい働き方を行うため、まずは相談から始めてみましょう。



医師転職ドットコム 全国 国内全般 株式会社メディウェル 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社メディウェル
医師転職ドットコムは、医師業界専門のネットワークを持ち、転職者にとって納得のいく仕事を紹介できるのが最大の売りです。医療関係の求人において、多くの情報は非公開とされています。それは、医療機関には秘匿するべき情報が多く、また情報を公開することで大量の応募が出て業務に差支えが出てしまうためです。病院内部の人間関係にも影響を与えかねないという事情もあるでしょう。そうした理由で公開されていない求人を、医師転職ドットコムでは確認することが可能です。こうした中にはもちろん、読影医としての求人も存在することでしょう。また、専門のコンサルタントとこうした情報について確認することが出来るため、より納得できる職場を探すことが可能となります。



エムスリーキャリア 全国 国内全般 エムスリーキャリア株式会社 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアで転職先を探すのであれば、コンサルタントが非常に高い交渉能力を持っているという利点があります。コンサルタントは皆、医療経営士の資格を義務付けられており、しっかりとした知識を持ったうえでアドバイスを行ってくれるというのが強みです。もちろん、こうした案件に関わる中で得た経験も大きな力になります。単純に給料の相談や勤務日数の調整を行ってくれるというだけではなく、最初に提示されていた条件よりも良い形での契約を成立させることもあるでしょう。読影医という独特な立場への転職を目指すのであれば、きっと心強い味方になってくれるはずです。



読影医の最新の転職事情は!?

ご存じの通り日本はCTやMRIなどの普及が世界一です。世界的に見ても恵まれた環境にあると言えますが、逆にそのCTやMRIを使って読影ができる医師となると、その数は圧倒的に不足しています。

そのような環境の中で、放射線科の中でも読影を専門とする医師にはどのような転職先があるのでしょうか? 医局を離れようと考えている先生を主なターゲットにして、今回は読影医の転職事情を語りたいと思います。

読影医は転職で極めて強い状況にある
結論から先に言いますが、読影医は転職市場で極めて価値のある人材だと言えます。各病院が読影医を欲している状態なので、転職もかなり有利に進められます。実際、個人の読影開業医が年間で10万件以上の読影依頼を受けるほど、業界は読影医を求めている状況です。

特にすい臓がんや乳がんなどの読影ができる優れた読影医や、専門医を取得した読影医に対してはいろいろな場所からニーズがあります。非常に有利な転職活動が進められる可能性が高いので、積極的に活動を開始してください。

医療機関だけでなく、遠隔画像診断会社への就職もあり
米国では夜間に急患の画像を地球の裏側のインドに送り、インドの医師に読影をお願いするサービスが盛んになりつつあります。24時間体制で質の高い医療を提供するための工夫ですが、日本でも同じ原理の医療サービスが発展しつつあります。

遠隔地に身を置きながら画像を診断する読影医の仕事も増えてきており、その仕事を仲介する民間業者も増えてきています。フリーランスの読影医としていきなり開業する準備は整っていないけれど、通信インフラや顧客となる医療機関を代わりに用意してくれる民間企業は存在します。とにかく読影医にはいろいろな選択肢があると最初に把握してください。

読影医の求人は、転職支援サービスで探す
民間の医療機関に転職する場合、転職支援サービスを利用するといいです。民間の病院にせよ、遠隔画像診断の環境を提供する民間会社にせよ、転職先が余りにも多過ぎるので、個人の力で全ての求人を把握する作業は困難を極めるのです。

読影医の場合はどこの職場で働いても比較的QOLの向上が望めますが、年収に関してはばらつきがあります。年収で1000万円ほどの差が出てしまう恐れもあるので、慎重に仕事探しを行なう必要があります。その仕事探しでは、転職支援サービスの協力が非常に役に立つので、ぜひとも利用を検討してみてください。

読影医の求人は少ない?

読影医の仕事は常になり手が不足している環境です。そのため、求人を探すことは決して難しくありません。読影医の求人は豊富です。常勤や非常勤など、様々な働き方があるので働きやすい場所と言うことが出来ます。読影医の種類は多く、CTやMRIといった機器に合わせて、技術が必要なものです。そうした内容は多くは求人票に書かれますが、はっきりしない場合もあります。自分が持っているのがどのような技術であるのかを正しく理解した上で、採用先と相談を行うのが良いでしょう。

読影医の求人を探してみると、直接読影医を募集していると書いている求人は多くありません。この探し方だと、読影医の求人が少ないように見えてしまうでしょう。しかし、よくよく求人を精読してみると、読影の仕事を求められているというケースが少なくありません。求人票を良く読み込めば、こうした形で読影医としての仕事を見つけることは可能です。加えて、こうした読影を含む放射線医などを希望している人には、読影の仕事を好まずに、避けてしまう人は多くなっています。読影の仕事は実際に患者と接する機会が少なく、医師としての経験を積むのに向いていないと考える人が多いためです。しかし、純粋に読影医を目指している人にとっては、ライバルが少ないので、採用される可能性が高くなります。このように、読影医の求人は見つけるのに少々手間は取りますが、採用はされやすいので有利な仕事です。

こうした読影医の仕事は、医師としてのキャリアを積んでいく上でも有利な環境です。自分の仕事に専念することができるので、経験を積むのに向いています。さらに、専門性が高いことに加えて、常に人手が不足している環境なので、条件も良いものが提示されやすいことも魅力です。提示されている条件の中で自分に合わないものがあったとしても、交渉次第で変更することも十分可能です。自分がどこに重きを置いて求人を探すかによって変わるので、自分の働きたい環境をしっかりとイメージしておきましょう。

読影医は人が少ない一方で、求人は多くの医療機関が求人を出している仕事です。また、競合相手も少ないため、採用率はかなり高くなります。こうした状況なので、読影医として働くことを望むのなら、自分に合った環境を探していくのが良いでしょう。また、コンサルタントと相談して、より良い条件を探していくことも出来ます。焦らずに自分にあった働き方を探してください。

読影医の採用基準は?

人材が不足している読影医の求人は、いろいろな場所から出ています。もちろん医療機関の放射線科からも出ていますし、民間の企業が運営する遠隔画像診断サービス仲介企業からも求人が出ています。

読影医が仕事に困る心配はありませんが、それでも書類を提出すれば誰でもどこにでも転職できるわけではありません。それなりに採用基準もありますし、求められるレベルも違います。そこで今回は、各求人先の採用基準を考えたいと思います。

採用基準は求人先によって違う
当然と言えば当然ですが、採用基準は求人を出している場所によって違います。その当たり前の事実を無視して、一律に転職の対策を立ててしまうと失敗します。例えば、

「人員不足の解消」

を目的に求人を出す病院と、

「リーダー的存在の獲得」

を目的に求人を出す病院では、当然採用基準が異なってきます。前者であれば、後期研修を終えたばかりの読影医であっても採用をしてもらえる可能性がありますが、逆に専門医レベルの人材だと給料が高いので採用側が敬遠する可能性もあります。

後者の場合、医局に入って数年の読影医は採用をしてもらえません。しかし、逆に専門医クラスの人材には大きく門戸を開いてくれます。

以上のように、応募する病院がどのような人材を欲しているかで採用基準が大きく変わってくるので、転職時には事前の研究が必要になります。採用側、人事担当者がどのような本音を持っているのか、その辺りを十分に研究しないと、全く見当違いなプレゼンになってしまう恐れがあります。

採用側の基準が分からなければ、情報網を作る
仮に医局を離れて民間の病院に転職しようとしているのならば、応募先の研究は欠かせません。しかしその応募先のニーズを把握するだけの情報網がない場合は、自分で作る必要があります。

仮に自分では作れないのならば、民間の転職支援サービスを利用して独自の情報網を持つといいです。その手のサービスは登録をするだけで担当スタッフが先生に専属で配属されるので、そのスタッフにいろいろと募集中の医療機関について質問をぶつければいいのです。

その手のスタッフは求人を出している各医療機関に実際に足を運び、内情などもしっかりと把握してくれています。無料でありながらかなり使えるサービスです。ぜひとも利用を検討してみてください。

読影医の常勤求人は?

ひと口に読影医の求人といってもさまざまです。そのなかで常勤求人はどうでしょうか?常勤とは、ご存知のとおり『一定の勤務時間中、常時その仕事をすること』をいいます。いわゆる毎日決まった仕事をこなすことをいい、常時の勤務を常勤といいます。読影医にも、常勤医は存在します。常勤の読影医になると、当直やオンコール、緊急医療などに携わることになります。比較的残業や休日出勤のない職種ではありますが、常勤として働いている場合は読影医でも忙しくなりやすいでしょう。しかしさまざまな経験や技術を得ることができるので、非常にやりがいがあります。

ただ、常勤の読影医だからといって、すべての当直やオンコールがあるというわけではありません。こればかりは求人によって異なります。なかには、当直なしの読影医もあるでしょう。勤務内容も応相談としているところもありますから、自身の条件に合うところをいくつか選び、比較しながら応募するのが一番です。

求人を探すときのポイントは、まず『何を重視したいか』考えておきましょう。先にも述べたように、常勤として働きたいけれど、あまり忙しいところは避けたいのであれば、当直なしの求人なら安心です。勤務内容の相談に応じてくれるところも働きやすいでしょう。読影医として働きたいのであれば、常勤の求人は論外です。このように、読影医の求人でも何を重視するかによって選択が異なりますので、応募する前にしっかり考えておくと自分に見合った求人を見つけやすいでしょう。

ちなみに気になる読影医の年収ですが、やはりこれも病院やクリニックによって異なります。とはいえ、平均年収は高く、そのあとの年収の伸び率も期待できるでしょう。特に専門に行っている病院の場合、数千万円の年収になる可能性も高いといわれています。また専門医を取得する、すい臓がんや乳がんといった難しい読影医になった場合は、より高い年収が期待できるといって良いでしょう。もちろん、専門医だから高年収というわけではありません。他の医師に比べ、圧倒的に不足しているのも年収が高くなりやすい理由です。読影医の求人を見ても分かりますが、ほとんどが高年収を設定しています。転職時にも高い年収を約束される傾向が高いため、読影医としては働くようになれば、確実に儲けることができるといえます。 まずは気になる求人をいくつかピックアップし、比較しながら条件に合ったところに応募してみてください。


Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.