読影医求人ランキング

読影医の転職をより有利に進めるには

レントゲン写真などの医用画像から体の異変を見抜く専門医のことを読影医(または放射線診断医)と呼びます。特殊な技術を要する分野ですのでニーズも高いです。

読影医への転職をお考えなら、まずは転職サイトへのご登録がおすすめです。有名なところではリクルートドクターズキャリアが評判も高く、転職成功実績も豊富です。専門的な悩みや相談にも、キャリアコンサルタントが親身にサポートしてくれるのも、一人の転職活動にはない強みです。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア



医師転職ドットコム 全国 国内全般 株式会社メディウェル 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社メディウェル



エムスリーキャリア 全国 国内全般 エムスリーキャリア株式会社 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • エムスリーキャリア株式会社



読影医の最新の転職事情は!?

ご存じの通り日本はCTやMRIなどの普及が世界一です。世界的に見ても恵まれた環境にあると言えますが、逆にそのCTやMRIを使って読影ができる医師となると、その数は圧倒的に不足しています。

そのような環境の中で、放射線科の中でも読影を専門とする医師にはどのような転職先があるのでしょうか? 医局を離れようと考えている先生を主なターゲットにして、今回は読影医の転職事情を語りたいと思います。

読影医は転職で極めて強い状況にある
結論から先に言いますが、読影医は転職市場で極めて価値のある人材だと言えます。各病院が読影医を欲している状態なので、転職もかなり有利に進められます。実際、個人の読影開業医が年間で10万件以上の読影依頼を受けるほど、業界は読影医を求めている状況です。

特にすい臓がんや乳がんなどの読影ができる優れた読影医や、専門医を取得した読影医に対してはいろいろな場所からニーズがあります。非常に有利な転職活動が進められる可能性が高いので、積極的に活動を開始してください。

医療機関だけでなく、遠隔画像診断会社への就職もあり
米国では夜間に急患の画像を地球の裏側のインドに送り、インドの医師に読影をお願いするサービスが盛んになりつつあります。24時間体制で質の高い医療を提供するための工夫ですが、日本でも同じ原理の医療サービスが発展しつつあります。

遠隔地に身を置きながら画像を診断する読影医の仕事も増えてきており、その仕事を仲介する民間業者も増えてきています。フリーランスの読影医としていきなり開業する準備は整っていないけれど、通信インフラや顧客となる医療機関を代わりに用意してくれる民間企業は存在します。とにかく読影医にはいろいろな選択肢があると最初に把握してください。

読影医の求人は、転職支援サービスで探す
民間の医療機関に転職する場合、転職支援サービスを利用するといいです。民間の病院にせよ、遠隔画像診断の環境を提供する民間会社にせよ、転職先が余りにも多過ぎるので、個人の力で全ての求人を把握する作業は困難を極めるのです。

読影医の場合はどこの職場で働いても比較的QOLの向上が望めますが、年収に関してはばらつきがあります。年収で1000万円ほどの差が出てしまう恐れもあるので、慎重に仕事探しを行なう必要があります。その仕事探しでは、転職支援サービスの協力が非常に役に立つので、ぜひとも利用を検討してみてください。


Copyright (C) 2013-2017 読影医求人ランキング All Rights Reserved.