読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の激務度・忙しさは?

読影医の激務度・忙しさは?

読影医は将来性のある専門医として人気があります。知名度は低いものの、医師を目指している人には有名な職種です。しかし気になるのが激務度です。どんなに働き甲斐のある職種でも、あまりに激務だと続けるのが困難になります。事実、医療関係の仕事は近年離職者が多く、人手不足の病院やクリニックが増えています。読影医はもともとそれほど多くの人が働いている職種ではありませんから、『忙しいのでは?』と心配している方も少なくないでしょう。

結論からいいますと、分野や働いているところによって異なります。しかし全体的には、激務というほどではありません。それは、外科や内科のように担当医になることがないからです。そのため、仕事に対する拘束力はなく、残業も少ないといわれています。比較的定時に帰れるところが多いですから、安心して働くことができます。ただ、すべての読影医が激務ではないと断言はできません。たとえば常勤医として働いている場合は、当直やオンコール、緊急医療などに携わりますから、どうしても忙しくなります。残業が増えるところも少なくないでしょう。一般的に極端に激務になることは少ない職種ではありますが、稀にこういったケースもありますので念頭に置いておいてください。

基本的に、病院やクリニックでは人手が不足すると激務になります。少ない人数のなかでシフトが組まれますから、融通も利きにくくなるでしょう。これは読影医も同じです。ですから、少しでも働きやすいところを選びたい方や激務を避けたいのであれば、人手が十分の求人を探しましょう。医師は、分野によって忙しさが大きく異なります。そのなかで格別激務ではなく、休日出勤も少ない読影医は非常に魅力的といえるでしょう。

読影医は、他の医師に比べるとあまり激務ではない職種ですが、常に最新の医療機器や技術に触れることができるので、非常にスキルアップが期待できます。学ぶことも多い職種といえ、将来的にも役に立つでしょう。求人を探すときは、ひとつの病院・クリニックではなく、複数を比較しながら検討するとより自分に合った場所を見つけることができます。

ちなみに、読影医はCTやMRI、X線、超音波などの撮影を行い、そこからがんや脳梗塞などの病気、その兆候がないか調べる専門医です。放射線科医とも呼ばれており、他の医師に比べると認知度は低いですが、近年少しずつ認知度が高まってきているといわれています。MRIや超音波などで、『知っている』という方も少なくないのではないでしょうか。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.