読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医に英語力は必要か?

読影医に英語力は必要か?

医師ではあればある程度の英語力を誰でも持っていますし、特に医学用語に関してはそれなりの知識を持っているはずですが、コミュニケーション能力に関してはコンプレックスがある先生がほとんどだと思います。

日本で医師として働く場合、英語対応病院で勤務しない限り、それほどコミュニケーションとしての英会話力は求められません。読影医として勤務する場合も同じだと思いますがどうなのでしょうか?

そこで今回のページでは、読影医と英語力の関係を考えたいと思います。

読影医の場合、コミュニケーションとしての英語力はそれほど評価されない
内科医などの場合、患者と日常的に接する機会があるので、コミュニケーションとしての英語力が優れていると、英語対応病院などに転職する場合に年収に反映してもらえる場合があります。

しかし患者と日常的に接しない読影医の場合は、言うまでもなくというか予想通りというか、それほど英語力を求められませんし、コミュニケーション能力が優れているからといって、転職時に圧倒的な強みになるかと言えば、そうではありません。

岐阜大学医学部付属病院などのように読影医の英語コミュニケーション能力を積極的に高めようとプログラムを用意している場所もありますが、即その英語力が日常の業務に役立つかと言えば、役立ちません。

将来的に国際カンファレンスに積極的に参加したいと考えているような先生なら別ですが、今すぐ読影医に英語力が必要かといえば、ご存じの通り、そうでもないのです。

開業する予定なら、英語力を鍛えておくと大成功を収められる可能性も
最近は画像の遠隔診断で開業をする読影医が増えてきました。基本的に患者のアクセスを考えなくてもいいので、海辺や山奥の別荘、ブドウ畑の真ん中など変わった場所に仕事場を構えて、遠隔システムで画像を読影するビジネスで独立する人が増えています。

今は医師免許が日本の中でしか通用しませんが、状況が変化して国外の医師と連携を結べる時代が来たら、地球の裏側と時差を利用して連携し読影を行なう日が来るかもしれません。

その場合、英語力が必須になってきます。読みと書き、リスニング、スピーキング、英語に必要な4技能全てが求められます。国際共通語である英語を使いこなせれば、日本の寒村にいながら世界中の医療に貢献できるという未来もあるかもしれないのです。

日本の勤務医として終わる予定ならそれほど英語力は求められませんが、今後何かしら国境を越えて頑張ろうと思っている先生は、英語力を磨いていて損はありません。とくにリスニングとスピーキングに関しては意図的に訓練をする必要があるので、英会話教室に通うなど特別な工夫を開始してください。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.