読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の高給の求人は?

読影医の高給の求人は?

読影医には高給の求人はあるのでしょうか?結論からいいますと、読影医は比較的給料が良いことで知られており、常勤・非常勤ともに高給が期待できます。もちろん病院の規模や読影医の分野によって異なりますが、他の医師に比べると給料は高くなるでしょう。

読影医は、後期研修を終えた段階で、すでに年収800万円程が狙えるといわれています。これは民間の病院に勤務した場合ですが、それでも研修を終えてすぐに800万円程の年収を得られるのは高給といえます。またその後も年収が伸びるケースは高く、病院やクリニックの規模・科目によって異なるとはいえ、給料面はとても満足できるでしょう。読影が専門になるとさらに給料はアップします。求人募集を見ても分かりますが、数千万円のところがほとんどです。特にすい臓がんや乳がんといった難しい読影の場合は、勤務医でも年収2000万円以上。民間の病院に勤務していても、年収2400万円程が約束されるといわれています。ですから、読影医の求人は基本的に高給といえます。

もちろん経験によって異なります。冒頭でも述べたように、後期研修を終えてすぐに働いた場合でも800万円程の年収が期待できますが、やはり勤務年数が増えてくると、技術や経験によってどんどん給料はアップしていきます。たとえばとある病院では、放射線科で経験5年目1300万円程度、10年目1500万円程度、経験20年目になるとやはり2000万円程度と高額になります。

読影医の給与が高額になりやすいのは、やはり専門分野の職種であることと、読影医の人手が圧倒的に不足していることが関係しているのでしょう。近年、少しずつ読影医として働く人が増えています、それでも一般の医師に比べると認知度が低いため、どうしても人手が不足しがちです。そういったところも、高給になりやすい理由かもしれません。また、読影医は患者との接点がなく、研修医にあまり人気がないといわれています。そういわれるとマイナスに思われがちですが、安定供給できるほど余力がない=給料が高くなりやすい・転職時に高年収を約束されやすいという傾向にあるのでしょう。

ちなみに、全体的に給与が高いといわれている読影医ですが、もちろんなかにはその給与に届かない医師もいます。あくまで数千万円の年収は読影医としてスペシャリストになった場合です。それ以外は900〜1200万円程度が平均年収と思っておくと良いでしょう。それでも、決して給与が低いわけではありません。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.