読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> マンモグラフィ読影医とは?

マンモグラフィ読影医とは?

ご存じの通り、乳がん、すい臓がんは読影が難しい領域だと言われています。特に乳がんは、若い女性が検査の対象だと乳腺が多いため影が映りにくいという難しさがあります。

乳がんによる死亡者数を減らすためには、腕の優れたマンモグラフィ読影医の存在が必要になってきますが、その問題を解決するために始まった民間の制度が、マンモグラフィ読影医になります。

今回は、合格者数が1万人を超えるまでに発展した、マンモグラフィ読影医に関して考えたいと思います。

乳がんで死亡する女性を減らすための民間資格
マンモグラフィ読影医は、マンモグラフィのプロフェッショナルを育成する目的でスタートした民間資格です。受験資格は医師免許さえ持っていれば、誰でも受けられます。しかし逆を言えば、大学の医学部教授であってもテストに合格しなければマンモグラフィ読影医の称号を受け取れないという公平な資格になっています。

この資格はとにかく乳がんの早期発見ができる読影医を育てるために存在しており、

・最低2日間の講義が義務付けられている
・試験に合格する必要がある
・5年に1度更新の試験が必要になる



という条件が全ての読影医に課されています。国家資格ではなく、一部の志ある人が集まってスタートした民間資格ですが、今ではマンモグラフィに関する権威ある資格として、読影医のある種の目標になっています。

マンモグラフィ読影医は、転職時の武器にもなる
読影は非常に専門的な仕事なので、実務経験の年数や実績などが転職時には最大の武器になるのですが、マンモグラフィ読影医の資格を持っていると転職時の一助になります。

乳がんに対する危機意識も女性たちの間で高まっているので、乳がん検診のニーズも高まっています。同時に乳がんの早期発見をできる人材が現場で求められているので、マンモグラフィ読影医の資格を持っていればスムースな転職、さらには大幅な年収アップも狙えます。

資格が生きる転職先を見つけたいなら、転職支援サービスを使う手も
マンモグラフィ読影医の資格を取得したとしても、民間の資格なので転職時に評価をしてもらえない医療機関もまだ実際にはあります。せっかくの資格を最大限に評価してくれるような医療機関を探したいなら、民間の転職支援サービスなどに登録をして、その通りの医療機関を教えてもらってもいいと思います。

金銭的にも報われるケースが多いので、転職を考えている場合は、マンモグラフィ読影医の資格を取得し、職支援サービスのような仕組みも利用しながら上手に転職活動を行なってください。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.