読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の残業事情は?

読影医の残業事情は?

読影医の仕事は、働いている病院やクリニックによって異なります。また読影医といってもさまざまですから、どんな分野を専門にしているかによっても、残業事情は異なるでしょう。

そもそも読影医は、レントゲン写真やコンピューター断層撮影など、医用画像から病気を見抜く専門医です。放射線科医とも呼ばれており、一般の医師に比べると知名度は高くないでしょう。しかし、近年の医療技術では欠かせない医師といえます。そのため、非常に忙しく残業も少なくありません。もちろん、先にも述べたように『働いている場所』によっても残業の有無は異なります。最先端の機器を揃えている病院の場合、多くの読影医が働いているため、比較的人手は足りています。地域密着型の民間病院やクリニックなども比較的多くの読影医が働いています。バランスが取れている病院やクリニックは、人手が足りているので残業になるケースは少なく、なかには『残業なし』のところも存在します。しかし産婦人科や小児科などは読影医が不足しているため、どうしても遅くまで働かなければいけなくなります。

とはいえ、極端に残業になるケースは少ないといわれています。というのも、専門性が高く担当医になることが少ないからです。外科医や内科の場合、担当医として働くため、どうしても残業は避けられません。そのため、読影医が残業に追われるということは少ないでしょう。とはいえ、常勤医として勤めている場合、話は別です。当直やオンコールなど緊急医療に携わるとどうしても残業は避けられないでしょう。

このように、読影医は必ずしも残業になることはありませんが、分野や働いている病院やクリニック、常勤医として働いている場合は残業になることがあります。激務になることは少ないですが、その分野の専門医が少ない場合は、シフトに響く可能性もあり、これらを理解して求人を探すと安心して自分に合った読影医の仕事を見つけることができるでしょう。もともと医療関係の仕事は読影医に限らず、全体的に不足しています。近年はワークライフバランスや医療スタッフの離職が非常に目立っていますから、やはり人手不足のところは読影医以外の医師・看護師でも忙しく、残業になることは少なくないでしょう。

しかし読影医は専門的な知識を得られる職種です。常に最新の機器や技術に触れることができるので、スキルアップも期待できます。『残業なし』の読影医求人もありますので、比較しながら自分に適した場所を見つけましょう。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.