読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の募集時期は?

読影医の募集時期は?

医療の世界だけでなく一般的に人材ニーズは春に向けて高まっていき、新卒採用を行なった後はしぼんで、次の春に向けての準備が始まるという流れがあります。ただ、人材が慢性的に不足する医療の世界では、医師も看護師も薬剤師も常時中途採用を行なっているという現状もあります。

その流れは読影医の場合でも一緒なのでしょうか? 医局を離れて民間の病院で読影医になろうと考えている先生、あるいは民間の病院から他の病院へ移りたいと考えている先生、さらには遠隔画像診断のサービスを提供する民間企業に転職したいと考えている先生を想定して、読影医の転職時期を考えたいと思います。

読影医は1年中ニーズがある
結論から言いますが、読影医は1年中、募集が掛かっている状態です。全体的に医療関係者は人材が不足しているのですが、読影医の場合は特に不足しているという現状があります。

民間病院だけでなく、民間の遠隔画像診断サービスを提供している企業からも読影医のニーズがあるので、人材募集は常に活発化しています。逆に自分では選びきれないくらい募集がある状態なので、仕事選びに何らかの協力を求める必要も出てきます。

常勤、非常勤など勤務形態もさまざま
求人を出している医療機関の数だけではありません。読影医は自由の利く仕事内容なので、常勤のみならず非常勤の仕事も豊富に出ています。例えば、以下のような求人、

勤務地:埼玉県
勤務曜日:土曜
勤務時間:9:00から13:00
業務内容:健康診断、人間ドック、胸部読影
受信者数:20名/1コマ
給与:4万5千円/1回
交通費:別途支給

といった条件の非常勤仕事もたくさんあります。遠隔画像診断を行なうクリニックを開業した医師が、能力や知識を磨き続けるために、開業医の身分で上述のような非常勤に入るといった例も普通にあります。

読影医は働き場所も自由、勤務形態も自由で、ご自分の専門性を武器に世界中どこにいても仕事ができる環境が整いつつあります。だからこそ逆に仕事選びでは迷いの連続になってしまうのです。

転職先に迷うなら、転職支援サービスを利用してみる
ちなみに、先生のご自分の人脈を使って転職先を探す場合を除いて、基本的に転職をする際は、民間の転職支援サービスを利用する形になると思います。医局を離れる以上、医局の協力は得られないので当然です。

この転職支援サービス、非常に優れたサービスで、求人情報の絞り込みは当然ですが、給与交渉などデリケートな部分も完全に代行してくれます。その上登録も利用も完全に無料なので、利用する医師が急増しています。

複数社に登録をしても問題は無いので、各社のサービスを比較するつもりで積極的に利用してみてください。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.