読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の年収相場は?

読影医の年収相場は?

通常、後期研修を終えた段階で民間の病院に飛び出せば、年収800万円ほどは狙えます。その後の年収伸び率に関しては、病院の規模や科目によっても異なってきますが、放射線科は一般的にどうなのでしょうか? 

特に読影を専門に行なっている医師の場合、どの程度の年収を確保できるのでしょうか? 今回は読影医の年収相場を考えてみたいと思います。

勤務医でも最終的に2000万超えは狙える
結論から言いますが、専門医を取得するかあるいはすい臓がんや乳がんなど難しい読影のスペシャリストになった場合、勤務医でも年収は2000万を超えてきます。普通に民間の転職支援サービスから公開されている求人を見ても、年収2400万を約束してくれている求人が簡単に見つかるほどです。

一部の眼科や美容外科のような業界でなくても年収が2000万円以上、勤務医の身分でありながら受け取れる理由はもちろん、読影医が圧倒的に不足しているからです。遠隔画像診断で開業をした開業医の下に、年間で10万件ほど依頼がくる現状を見ても、とにかく読影医は各病院ともに不足していて、人材ニーズが極めて高いと言えます。

またご存じの通り、放射線科は患者との接点が無いので、研修医に人気のある科目ではありません。毎年入局する新人も少ないので、各医局ともに関連病院へ人材を安定供給できるほど、余力がない状況です。そうした背景を受けて、読影医は転職時にかなり高い年収を約束される傾向が一般的に続いています。

読影医の求人例
放射線科の求人例を実際に見てみます。以下は民間の転職支援サービスに掲載されていた求人情報ですが、

募集科目:放射線科
仕事内容:放射線科読影
雇用形態:常勤
勤務地:千葉県
勤務時間:8:00から17:00
休日:日曜、祝日、土曜日午後、研究日
給与:1500万円

といった条件になっています。この求人は医師免許取得後10年の経験が求められますが、医局でそれなりに研さんを積んだ先生なら、交渉次第で10年にキャリアが達していなくても転職の可能性はあります。

民間の転職支援サービスを利用する
求人は、全国の病院から山のように出ています。そうした膨大な求人の中から先生に最適の環境を自力で探す作業は、かなり骨が折れます。その点、転職支援サービスを利用すれば、求人の絞り込みから面接のセッティング、年収交渉までいろいろと代行してくれるので便利です。

医局を離れて医局の紹介を頼れなくなった場合、通常は転職支援サービスを利用する以外に手は無いので、転職を検討している先生は登録だけでも先に済ませて情報収集を開始するといいです。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.