読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の自己PRは?

読影医の自己PRは?

読影医とはレントゲン写真やCT(コンピューター断層撮影)など医用画像からさまざまな病気を読み取る専門医のことをいいます。一般的な医師とは違い特殊な技術を要する職種ですから、ニーズも高く働き甲斐を感じられるでしょう。そんな読影医への転職や就職で意識したいのが『自己PR』です。

まず『志望理由を整理』しましょう。どういった理由で読影医になりたいのか、理由を明確にすることで面接官にきちんと伝えることができます。志望理由は、読影医以外でも面接のときにとても重要になります。読影医のように特殊な職種は、特にわかりやすい志望理由が必要です。

志望理由の書き方のポイントは『医療機関のニーズを探る』こと。募集先によって読影医を求める理由は違います。実情をしっかり把握して志望理由を考えることで、成功しやすくなるでしょう。たとえば、放射線科で読影医としてリードしてくれる人を求めている病院であれば、それに見合った志望理由を考えるのが効果的です。逆に体力に自信のある若手人員を欲しているところは、やる気が重視されるため難しい志望理由を書いてもあまり響かない可能性があります。このように、志望理由の書き方によって採用に大きく影響します。

次に『自身の長所や短所』を伝えましょう。自身の良いところ悪いところを理解しているということは、さまざまなシーンでメリットになります。もちろんその長所は、読影医として働いたときにどう役に立つかということが重要になりますから、単純な長所や短所よりも分かりやすく伝えることが大切です。また短所は、『克服するために○○に取り組んでいる』というように、克服方法もきちんと伝えましょう。単純に短所だけを伝えてしまうと、仕事に支障が出てしまうのではと思われかねないからです。克服方法を伝えることで、向上心をアピールすることができます。

現在、医療関係の仕事は慢性的に不足しています。特に読影医は特殊な職種であるため、より少なくなっている傾向にあります。しかしその反面、チャンスはたくさんあります。不足している職種は求人が多く、資格とやる気があれば採用してくれるケースが多いからです。また、読影医はQOLの向上を追求しやすく、年収が高いというメリットがあります。専門性の高い能力が求められるからこそ、良い条件で働くことができます。ですから、自己PRがきちんとできていれば、比較的採用率は高くなるでしょう。。しかし、転職支援サービスを利用すれば先生が持つ人脈をはるかに超えた病院の求人を一覧で提示してもらえます。先生の目指す読影医に近付ける民間病院を、紹介してもらってください。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.