読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医は不足している?

読影医は不足している?

医師や看護師など医療関係者は慢性的に不足している状態ですが、放射線科の読影医はどうなのでしょうか? 産婦人科や小児科など担い手の極端に少ない科目も存在しますが、放射線科の読影医に関して、今回のページで考えてみたいと思います。

読影医もかなり不足している
結論から先に言いますが、ご存じの通り、読影医は同じ医師の中でもかなり不足している部類に入ると言えます。その理由は端的に患者と触れ合う機会の無い仕事内容に、不満を持つ新人医師が多いからです。

先生の学んでいた大学の同級生で、放射線科を選んだご友人が何名いらっしゃいましたか? 極めて少なかったと思いますが、今でも実際、放射線科は入局者がかなり少ない状態が続いています。先生が仮にまだ大学病院に残っているとすれば、研修医の少なさは実感されていると思います。

裏を返せばチャンス
現在、読影医の不足は深刻化しています。遠隔画像診断のビジネスで開業をした読影医の下には例えば、中小の病院から年間で10万件以上の注文が集まるケースも実際にあります。それほど読影医は少なく、さらに専門医などを持った優秀な読影医は限られてくるのです。

しかし逆に、先生が読影医として現在、どこかの病院で活躍をされているのならば、チャンスだと言えます。ライバルが圧倒的に少ないというアドバンテージがあるので、民間病院の放射線科に転職する場合、かなりいい条件を勝ち取れる可能性があるのです。

QOLが高く、年収も高い読影医
朝からスタートして夕方の定時に終わる読影医です。当直や残業などで心身をすり減らしている外科医と違って、QOLの向上は追求しやすいです。その上年収も高く、専門医レベルになると勤務医であっても年収2000万円を超えます。

読影は専門性の高い能力が求められえるので、他科から人材が流れてきて条件のいい求人を奪い合うという形になりにくいメリットもあります。逆に1人の読影医に対して出回っている求人数が多過ぎるため、転職支援サービスなどを利用しないと、絞り込みの作業に骨が折れるばかりか、最高の求人を見逃してしまう恐れもあります。

そこで転職をこの先数年内に考えている先生は、転職支援サービスを上手に利用して、最高の転職先を探すといいです。人材は常に不足しているので、妥協をする必要はありません。病院側との面談などでは、積極的に条件を勝ち取っていってください。自分でできないなら、転職支援サービスの利用者に協力を求めましょう。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.