読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医になるには?

読影医になるには?

放射線科に所属し、読影で腕を磨いた医師だけがなれる読影医です。もちろん医師免許さえあれば理屈上は誰でも読影医にはなれるのですが、専門的な能力が要求される分野だけに、他科からの転科はなかなか厳しい現実があります。

だからこそ放射線科の医師、中でも読影医は数が不足して、各病院が人材を求めてやっきになっているのです。読影医からすれば、チャンスです。人材ニーズを受けて、医局を飛び出し民間の病院で読影医になろうと思ったら、まずはどうすればいいのでしょうか? 

医局に所属しながらも転職を考えている読影医を主なターゲットとして、今回のページで考えたいと思います。

医局を飛び出したい読影医は、最初に転職支援サービスに登録をする
医局を飛び出して民間の病院で読影医として働きたいと思っている読影医なら、最初に転職支援サービスに登録を済ませるといいです。その理由は簡単で、条件のいい転職先を効率良く紹介してもらえるからです。

読影医は民間の病院でも人材ニーズが極めて高いです。民間の病院で読影医になろうと思ったら、求人を見付けられないで困るというよりも、求人がありすぎて困るというケースが考えられます。

自分では選びきれませんし、選んだところでもっといい条件の求人を見逃しているリスクは常にあります。民間の転職支援サービスを利用すれば、効率良く求人を選別できるだけでなく、最高の条件の求人を見逃すリスクも回避できるのです。

転職支援サービス登録の手順
民間の病院で読影医になりたいと思ったら、最初に転職支援サービスを選んで登録を済ませる必要があります。現在は優れた転職支援サービスが複数存在するので、その中から信頼できそうなサービスを選択し、メールや電話で連絡をして登録作業を済ませてください。

その後、サービス側のスタッフと面談になります。勤務先近くの喫茶店などに担当スタッフが出向いてきてくれるので、転職の希望条件を伝えてください。理想的な転職先の選択肢をいくつか提示してもらえます。

希望の転職時期に合わせて、スケジュールも調整してくれます。面談の練習や履歴書作成の補助まで行ってくれますし、面接当日には希望すれば同行までしてくれます。年収の交渉なども代行してくれるので、希望よりも高い条件で転職できる可能性があります。

特に読影医の場合は人材ニーズが極めて高いので、サービス側の担当者も熱心に協力してくれます。

利用料は完全に無料
ちなみに医師の転職支援サービスは登録も利用も完全に無料です。利用料は逆にあなたを採用する病院の側が支払っているので、心配ありません。QOLを追求しつつ最新の知識を常に更新でき、さらに年収まで高いというポジションも夢ではありません。思い切って一歩を踏み出してみてください。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.