読影医求人ランキング

読影医求人TOP >> 読影医の転職のFAQ >> 読影医の仕事内容は?

読影医の仕事内容は?

読影医として医局に所属していると、読影やカンファレンス以外に事務仕事がたくさんあると思いますが、民間病院に転職した場合、読影医はどのような仕事医内容になるのでしょうか? 

転職を検討している先生からすると興味ある分野だと思うので、今回は読影医の民間病院における仕事内容を考えたいと思います。

民間の病院の場合、純粋に読影とカンファレンスのみ
基本的に民間の病院の場合、読影と術前術後などのカンファレンスのみに業務が限定されてきます。医局と同じく造影剤注入は看護師が行いますし、何より医局特有の事務作業がありません。言い方が悪いかもしれませんが、営利企業である病院の従業員として、利益を上げるためにひたすら読影を行なう毎日になります。

もちろん術前術後のカンファレンスや他科とのカンファレンス、放射線科の勉強会などは民間病院でもありますが、基本的には病院内の一室に入り、個人のブース内でひたすら読影を行なう毎日になります。

学術的な活動は正直、減っていく
民間の大病院であっても、やはり大学病院とは使命が違うので、学術的な探究心を持って医療のかたわらで研究に没頭するといった時間が当然、減っていきます。基本的には研究よりも売上になる作業を求められるので、大学病院とは随分と雰囲気が違います。

ただ、医局的な世界に存在するいろいろな業務を無駄と考える先生にとっては、民間病院はすっきりと働ける環境だと言えます。

民間の病院でも専門は極められる
ただ、民間の病院でも当然ですが、読影医として専門を極められる環境は整っています。中枢神経、頭頸部、呼吸器、腹骨盤部、骨軟部領域などいろいろな分野に狙いを定めて、その専門を集中的に深めていく作業は、むしろ数多くの画像を診断する機会が与えられる民間病院の方がはかどる可能性もあります。

転職支援サービスを利用すれば、各民間病院の放射線科に所属する同僚や先輩の情報も入職前に教えてもらえるので、学びたい領域、深めたい分野で先を行く先輩を持ちたかったら、その通りの環境がある病院を紹介してもらうといいです。

ちなみにその手の転職支援サービスは、登録も利用も完全に無料なので、先生にとってデメリットは何一つありません。

医局を離れる際は医局の紹介を頼れないので、通常は自らの人脈で転職先を探すしかありません。しかし、転職支援サービスを利用すれば先生が持つ人脈をはるかに超えた病院の求人を一覧で提示してもらえます。先生の目指す読影医に近付ける民間病院を、紹介してもらってください。

読影医の転職もバックアップ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
全国 国内全般 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全般
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2018 読影医求人ランキング All Rights Reserved.